大阪でオーダースーツを購入する方必見!おすすめの人気ショップを比較!口コミや評判も合わせて紹介します!

オーダースーツを仕立てた後に気になるスーツのクリーニング

公開日:2020/12/15  最終更新日:2021/01/12

自分の体にぴったりとフィットする、格好よいオーダースーツを仕立てるのはうれしいものです。しかし、気になるのはその後のクリーニングではないでしょうか。どのくらいの頻度で出したらよいのか、どこに依頼をすべきなのかは気になるところです。大阪市でオーダースーツのクリーニングを出すときの注意点を知っていれば、安心して愛用できます。

オーダースーツをクリーニングに出さなければいけない理由

大阪市でオーダースーツを長く着ていくために、クリーニングに出すことを考える人もいるでしょう。多くの人が不安材料として挙げるのが、出すほど傷みが早くなるのではないかという点です。ここに関してすんなりと結論を出すことが難しく、スーツの生地や素材などによって異なります。

従来、一般家庭では使用しないような、強めの溶剤を使用するという理由から、専門家に任せるのはスーツの傷みにつながるといわれてきました。出すごとに生地が傷んだり、擦れた感じになったりするのは気持ちのよいものではありません。プロに依頼をすることに躊躇するケースも見受けられてきました。しかし、技術や溶剤の進歩によって、オーダースーツの傷みそのものは減ってきているのが現状です。

ただし、生地が洗われることによってかかる物理的な摩擦は存在するので、頻繁にクリーニングに出しすぎると、摩耗につながることはありえます。クリーニングに出すごとにオーダースーツの生地は摩耗していくため、そのことだけを考えるのなら、出さないにほうがよいという結論に至ってしまいます。

ただし、実際には着用するごとに、シワ・汗・食べかす・汚れなど、多数の外的要因が加わるものです。また、スーツは主原料としてウールが使われていることが多いようですが、もともと消臭効果や形状回復機能が備わっています。着用後にきちんとサイズの合ったハンガーにかけておけば、形はある程度元に戻るのが一般的でしょう。

生地の能力だけでは限界があるためクリーニングは必要

スーツの生地がもともと持っている形状記憶能力によって、ハンガーにかけておけばある程度は形のゆがみを回復できます。しかし、クリーニングに出さずに同じスーツを着続けていると、本来のプレスが次第に落ちてきてしまうのです。次第に回復不可能な癖がついてしまうこともあり危険だといえるでしょう。定期的に大阪市のクリーニングに出すことで、本来のあるべき姿に戻すことができます

オーダースーツを着て1日過ごすと、さまざまな匂いがまとわりついているものです。ハンガーに吊るして陰干ししておけば、ある程度の匂いは飛ばすことが可能だとされています。ただし、汚れがついてしまってはどうしようもありません。とくに、汗や食べかすなどはそのまま放置しておくと、酸化や変色してしまうこともあり、取り返しがつかなくなってしまいがちです。ある程度の頻度でプロに任せた方がスーツは長持ちし、何より快適に着続けることができます。キレイなオーダースーツを着ているという実感だけでも、1日のテンションを上げることができるものです。

大阪市内でオーダースーツをクリーニングに出すときには、シーズンごとに行って保管するのが基本です。汗による汚れの量などを考えると、季節ごとに頻度を変える方法もおすすめできます。たとえば秋から冬にかけては1~2か月に1回、春や夏は2週間から1ヵ月に1回ほどが目安です。何ても最適な頻度は違うので、自分なりのペースをアレンジすることが大切です。着を着回すのか、1週間のうち何回くらい着用するのかなどによっても最適な頻度は違うので、自分なりのペースをアレンジすることが大切です。

ボタンは意外な盲点になりがちなのでサービスのよいところを選ぶ

大阪市には丁寧なクリーニングを行ってくれる店舗多数ありますが、それでもボタンが割れるケースはあるものです。一般的に使われることがあるプラスチックのボタンを始めとして、オーダースーツなら本水牛の角や、ナットボタンなどの天然素材が使われることも多いといわれています。天然素材のナットや牛の角に加えて、木のものも破損することがあるようです。プラスチックはやや強い印象がありますが、それでも割れることがないとはいえません。

素材によって多少の違いはあるものの、壊れることもあると認識しておくことも大切でしょう。割れてしまう原因はさまざまですが、たとえば本水牛の物等は、模様に水分が入り込んで乾燥の段階で破損することがあります。大阪市にあるクリーニング屋では、ボタンの割れを保証してくれるところもあるため、事前に調べておいて任せれば安心です。

大切なオーダースーツですから、不測の事態にも対応できるようなクリーニング店をあらかじめ選んでおくことが必要になります。割れたボタンを無料で交換してもらえれば、それまでの風合いを損なわずに着続けることができるでしょう。

もう1つ注意点として、オーダースーツは上下揃って出すのが基本といえます。別々に出していると摩耗や経年劣化に差が出てくるので、同じ頻度で出さなければ、色味や素材感に差が出てしまうことがあるのです。不揃いなセットアップでは、せっかくのオーダースーツのよさが霞んでしまうので、バラバラに出すのは避けましょう。

 

オーダースーツは、適切な頻度でクリーニングに出すことで長く美しく着ることができます。大阪市には親切で丁寧な、経験豊富なクリーニング店がたくさんあるため、どのようなサービスを受けることができるのかをあらかじめ調べて出すとよいです。傷みを最小限に抑えつつ、できるだけ長くきれいに着こなすために、上手にクリーニングを活用することで、オーダースーツはさらによさを増すでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【大阪市】おすすめオーダースーツ店5選!

商品画像




会社名ラグマレミューズサルトクレイス麻布テーラーグローバルスタイル
特徴Googleでの口コミ評価の高い「ハイブリッド・オーダー」お客様の目的や夢を叶えるための「ヴィクトリースーツ」3つのオリジナルレーベルから選べるオーダースーツ理想を追求できる「パーソナルオーダー」オールシーズンのスーツを注文可能
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく